風俗でやることは把握した

実に楽しませてもらえたなって

狙いを定めていたのではなく、本当に何となく指名した風俗嬢だったんです。ホームページで彼女を見て「彼女にしよう!」じゃなく「彼女でいいかな」くらいの気持ちで指名したんです。今思えば失礼かもしれないんですけど、正直、そこまで風俗へのモチベーションが高い訳でもなかったんです。良い子がいなければその日は別にいいかなってくらいだったんですけど、何となく彼女を見つけて、それでいいかなって。でも、そんな自分の低いモチベーションは彼女からいろいろなことをされていくうちにどんどん吹っ飛んでいきました。これだけ楽しませてもらえるのかと言う感動ですよね。彼女が自分のために誠意を持って接してくれるだけじゃなく、ねっとりとした濃厚なプレイまでしてくれたので、快感が体の奥の方にまで刻まれたんです。それだけでも自分の中でとてつもなく大きな感動をもたらしてくれたんじゃないかなって。だから物凄く楽しい時間を過ごすことが出来ましたよ。

コツはやっぱり力まないことだと思う

まだまだ自分にとって風俗の存在はとっても貴重なんです。いわば特別なものだって言っても良いんですよね。だから風俗で遊ぶ時にはどうしても力んでしまうものなんですけど、これは良くないなって自分でも思っています。風俗で遊ぶ際のコツはやっぱり単純に力まないという点はあるんじゃないかなと思いますね。特別なものだし、美人風俗嬢と一緒に居れば力むなと言う方が無理かもしれないですし、力んでいないとしても緊張感でドキドキして挙動不審になってしまうケースもあるかもしれないんですけど、それらは女の子だって困る部分もあると思うんですよ(笑)だからあまり力まず、さらには「女の子からすれば自分なんて数多くいるお客の一人」くらいに思っている方がリラックスして楽しめるんじゃないかなと(笑)緊張が過ぎると、快感にだって影響してしまうかもしれないんです。それは本当にもったいないことだと思うんですよね。だからそれよりも、やっぱりリラックスです。